377

http://www.sankei.com/west/news/160528/wst1605280061-n1.html
画像
火星が徐々に地球に近づき31日、地球から7528万キロの距離に最接近する。地球と火星は公転軌道の関係から約2年2カ月ごとに接近するが、距離は毎回変わり、今回は2005年11月以来の近さとなる「中接近」。次回の18年7月は5759万キロまで近づく大接近となる。 国立天文台によると、火星は近づくにつれ夜空に赤く明るく輝いており、町明かりのある都市部でも肉眼で見ることができる。瞬かずに見えるのが特徴で、午後10時ごろには南南東の空にあるという。 条件が良ければ、火星の左側に赤い星として有名なさそり座のアンタレスや白っぽい土星も見える。 【特集】火星を見よう(2016年5月31日 地球最接近) - アストロアーツ http://www2.astroarts.co.jp/special/2016mars/index-j.shtml 見えるそうです。
posted by さわやか風味 at 22:11

374

2015年11月6日に打ち上げられたUPエアロスペース社のSL-10ロケット(全長6m)に取り付けられたGoProの映像だそうです。 打ち上げ高度は120,700メートル。 地上から120kmを調べたら「熱圏」だとさ。Wikiみたら結構面白い。 最高速度はマッハ5.5、( 約6115km/h)。 宇宙っていいよね~。
posted by さわやか風味 at 07:12

HTV 349

宇宙ものスキーとして、毎度毎度ロケット打ち上げは見ていてわくわくするものがあります。 ましてや日本が絡んでいるとなるとなおのこと。 マイクを通してだけど、打ち上げの音がこれがまた格別なんですわ。 音がステキ。
posted by さわやか風味 at 18:33

286 ベテルギウス

確か前にもベテルギウスさんについて記事を書いた。 その後また記事が出て、ブックマークに登録しといて放って置いたのものを今やる。 記入日が 2013年9月 だった。ほぼ一年前。 ------------------------------------------------------------------------------------- ベテルギウスが謎の膨張 40年で直径2~3倍に 近く爆発するとも言われているオリオン座の1等星「ベテルギウス」が、一定の波長で見ると、30~40年前より直径が2~3倍にふくらんで見えることが、北見工大などの観測でわかった。爆発に関係しているのか、詳しい原因は謎だという。10日に仙台市で始まる日本天文学会で発表する。  北見工大の三浦則明教授らが、西はりま天文台(兵庫県佐用町)にある、なゆた望遠鏡を使って観測。地球の大気のゆらぎを特殊な統計処理で取り除き、高い解像度でベテルギウスを撮影することに成功した。  可視光のなかで緑色の波長帯で見ると、ベテルギウスの形は楕円(だえん)形にゆがみ、さらに同じ波長で観測された1970~80年代の記録と比べると、直径が2~3倍になっていた。この波長で観測すると、年老いた星の表面に増える酸化チタンを見ることができる。  三浦教授は「詳しいことはわからないが、この40年の間に何かが起きたことは確か」と話す。今後も観測を続けるとしている。 ---------------------------------------------------------------------------------- あぁ~。 超新星爆発が、Supernovaがみたいよぉ。 正確には、超新星爆発によるガンマ線バーストが予想通り地球には来なくて安心して、ワクワクしながら超新星爆発後の光をながめたいよ~。 あびゃ~~~~。 ※超新星爆発が発生すると、強烈なガンマ線が周囲に一斉に放たれる。このガンマ線の威力は凄まじく、超新星爆発を起こした恒星から半径5光年以内の惑星表面に住む生命体は絶滅し、25光年以内の惑星に住む生命体は半数が死に、50光年以内の惑星に住む生命体は壊滅的な打撃を受けるとされる。 現在、地球周辺で近いうちにII型超新星爆発を起こすと予測されている星は、約600光年離れたアンタレスと、約640光年の距離にあるベテルギウスである。これらの星が超新星爆発を起こした際には地球にも若干の影響が出ると言われているが、地球から距離が離れすぎているためにガンマ線の威力は弱まり、オゾン層が多少傷つく程度で惑星および生命体への影響はほとんどないと予測されている。またガンマ線は自転軸の2度の範囲に放出されることが判明しており、その後の観測から地球はベテルギウスの自転軸から20度の位置にあることもわかっていることから、ベテルギウスからのガンマ線は地球に影響を及ぼさないと考えられている。(超新星wikipedia参照)
                ___           _ _, . : : : : : : : : : : : : <\          / : : : : ) : : : : : : : : : : : : : : `丶、        / : / : : : : : : : : : : : : : : : : : \: : : \ .       {: :(:_/: : : : : :⌒|: : : : : |\⌒ : : : : : : \        ' : : : : : : : : : : /∨\: :|\ヽ: : :|: : : 「 ̄ {           ト--:'7: : イ|〃  ∩ `∩ ヾ\|: : : |   }  あびゃ~~~~ .     }    |: : : :{/: :|´{{  iUi三iUi  》: : 人ノ    {.    ノ: : : :゙ : : 人   -=ニニニ=-   ∨ヽ \        /: : : : : : :∧: :\   /⌒       Υ.: : :)      ( : : : : : : : : {ハ: : : :   {  丿     イ: |:∨        ': : 人: : : : :\_ : : |__ `ーJ _,. イ: 人ノ: | .      ∨  \: :/\人_ノ \ ̄厂∧/∨  \|            ∨   / \ ∨/ |                   /  〈⌒尤'⌒〉|
画像
AU = 地球と太陽との平均距離に由来し、現在の定義では   149' 597' 870' 700 m。1億4959万7870km よく聞く 光年で表すと 1光年=約 63' 241 au (1光年=9' 460' 730' 472' 580' 800 m。9兆4607億3047万2580km) ベテルギウスさんを土星軌道に置いてみたらって動画。 太陽系がどのように天の川銀河を回っているのかシュミレーション動画。 とてもおもしろい。 ただフェイク動画とも言われている。 真偽調べるのはめんどいのでしない。
画像
そりゃこんな移動 (本来なら天の川銀河自体も移動をしている) をしていたら星座の形だって変わるわなぁ。 オリオン座
画像
バラ星雲とか馬頭星雲とか名前は知ってたけど、こんなところにあったのか。 ウルトラマンでお馴染みのM78も。
posted by さわやか風味 at 23:19

ISO258

今更なことなんだけど、興味深い映像だから。 SONY の一眼カメラ 『 A7s 』の高感度映像をまとめた動画。 紹介記事まんま載せますと フィルムやデジカメにつけられる光に対する感度を表す指標にISOというものがあります。ISOの数字が大きくなるほど高感度を意味し、このA7sは解像度を減らすことでISO409600を実現しています。 デモでは暗闇を撮影して徐々にISO感度を上げることで分かりやすく性能を見せていますが、本来は鮮やかな写真を撮影したり手ブレを抑制するといった用途に使われる機能です。 ちなみにニコンからもISO409600対応を謳った製品が発売されていて、この分野は日本メーカーの独壇場になっています。 ということで、だいたい普通のカメラって、まぁデジカメとかって4桁が普通なんじゃないの? カメラなんて昔持ってたけど、全く使わないんで手放したし必要性が今も無いシロモノなので最近の機器の性能は知らんのだ。 ただこの映像は凄い。だからって使い道があるのかと考えると全くないのだが。 それに一眼でこの性能。値段がエライことになってると予想して検索したら、やはりのお値段。 よくわからんのだが、レンズとかいろいろ揃えなきゃだから本体価格だけじゃダメなんでしょ? どちらにせよ、豚に真珠・猫に小判・天才の戯言。私には無駄なものであろう。
posted by さわやか風味 at 06:56

252年前

画像画像画像画像画像 ただ懐かしかったから......。 ヨドバシが建築始まる前は草ボーボーの空き地だったのは覚えてる。ポツーンと宝くじ売り場があったんだよね。 UDXやダイビルが立つ前です。 電化製品取扱店がまだまだあった頃です。 バスケット広場だった頃の記憶は幼少の頃新幹線の窓から見た覚えがあります。かろうじて新幹線の窓から見えるんだよね秋葉原は。上野駅のホームが地下なんで、徐々に地下に潜っていくからちょろっと見える程度。 ラーメンと蕎麦屋は利用したことがあったなぁ。 お懐かしゅうございます。
posted by さわやか風味 at 01:06

123光年

ハワイにあるすばる望遠鏡の新型カメラの初観測写真が公開されたそうな。 対象はアンドロメダ銀河。 拡大画像は3.9MBもあるらしく、大きさは6000x5957pixel。拡大写真表示が結構長い。 その新カメラは 8億7000万画素 と、一般のコンパクトデジカメだと1000万~1800万画素、一眼だと1800万~3800万画素 (ヨドバシ.comでさらっと調べ)なんで半端ない画素数。業務用はどうなのか知らん。 とりあえず宇宙スキーな私としては良い画像が手に入っただけで大満足。 すばる望遠鏡:『新型の超広視野カメラが開眼、ファーストライト画像を初公開
posted by さわやか風味 at 23:38

その26

東京はまったく星空が見えん。 ロマンチスト的な黄昏ができんではないか。 しかし、およそ640光年離れた恒星の「ベテルギウス」大先生はいつ爆発するのだろうか? オリオン座や冬の大三角を担うこの大先生。 今一番近い将来に身近で超新星爆発をかましてくれそうな恒星なのである。
画像
日本だと平安時代(1054年)に見られたとネットに出てましたなぁ。 宇宙の神秘はこれだからロマンを感じずにはいられんのだ。 スンバラシキカナ宇宙! 宇宙アメージング! 近い故にガンマ線バーストとか来るかもしんねって言われてるけど、来るときは来るからどうしようもねぇさね。 はぁ......。 今もこうしている間にも銀河はウジュルウジュルと回ってたりすると思うだけでうっとりもんだわ......。 いつの日か、かの場所で天体観測するのが目標なんだが......、ねぇ?          ____        / u    \       / ─    ─ \     /   (●)  (●)  \     |  u   (__人__)   u | ムリだお......      \    ` ⌒´  u , /      /⌒ヽ   ー‐    ィヽ     / u    ,⊆ニ_ヽ、  |    /    / r─--⊃、  |    | ヽ,.イ   `二ニニうヽ. |
posted by さわやか風味 at 22:59